yishu1979

自分が本当に気に入ったモノ、ことなどの備忘録とし、あわよくばそれを情報として発信したいです

【CASIO】PRW-7000FC-1JF【PROTREK】

f:id:yishu1979:20210602232813j:plain

今回は一番気に入っている時計であるカシオの【PRW-7000FC-1JF】を紹介したいと思います。

実はこのPRW-7000シリーズ、発売日が2016年7月ですでに5年経過しているロングセラーモデルとなっています。私が購入したのは発売日翌年の2017年3月ですので使用してもう4年以上になります。

4年も愛用しているのでこの時計の良いところ、気になるところなどより詳しくお伝えできると思います。

  まずなんで買ったのかって事ですが、一番の購入理由は『かっこいいから』!ほとんど一目惚れです。購入から4年経っても飽きる事の無いデザインで今でもメインで使用しています。

f:id:yishu1979:20210518065123j:plain
f:id:yishu1979:20210518065207j:plain
f:id:yishu1979:20210518065154j:plain
f:id:yishu1979:20210518065222j:plain

私がよく使う機能

プロトレックは基本的に全機種で気圧計・高度計・方位・温度が計測できるトリプルセンサーを有しています。あとはモデルによって電波ソーラーや、Bluetoothによるスマホ連携機能が搭載されたりします。

本機ももちろんトリプルセンサーを搭載しており、かつ電波ソーラーを搭載してます。中でもよく使用する機能を紹介します。

気圧計

気圧計としての精度ですがネットの天気予報で報じている現在地の気圧と本機が計測する値の誤差は±3hPaくらいです。試しに先ほど計測しましたが今回はピッタリでした!。かなりの高精度と言えます。

液晶の左側に表示されているグラフは気圧傾向グラフと言って気圧の変化を記録したものとなり、画像のように上がっていれば天気は良くなり、逆に下がり傾向であれば天気も悪くなります。

f:id:yishu1979:20210520055101j:plainf:id:yishu1979:20210520055041j:plain

方位計

PRW-7000系、70系は方位計測機能が他モデルと比べより高機能になります。時計を水平にしなくても方位を測れる自動水平補正機能を搭載しており、時計を縦にしようが横にしようが問題なく計測できてしまいます。方位計測をすると5時側にあるインダイヤル内のレトログラード針も同時に同方向へ動くのでさらに視認性もあがり、さらに行きたい方向へセットするとレトログラード針が目的の方向を示し、同時にメインの秒針が常に北を示します。

私は登山などはしませんが大型商業施設や駅などで北口、南口などをこの時計の方位計測機能で大体の方向を表示させます。けっこう便利ですよ。

夜間照明機能

PRW-7000系暗所視認性に優れていて、かつ光り方がカッコイイです!

  • ネオンイルミネーター・・・ブラックライトLEDと特殊蛍光体インクにより文字やインデックスを光らせる     機能
  • 蓄光処理・・・秒針などに蓄光塗料を塗布
  • LEDライト・・・全体をLEDで明るく照らす

この3つの機能により暗所視認性を確保しています。とにかく見てみて下さい光り方が本当にカッコいいので!あと見やすいです。それではご覧ください!
f:id:yishu1979:20210520070212j:plain

 

f:id:yishu1979:20210522043652j:plain

カジュアルでもフォーマルでもいけるデザインですので一本あると重宝します。機能も申し分なく気になる点は重量が重いくらいです。重さが気になる方はカーボンファイバーバンドタイプのPRW-7000-1AJFなんかもおすすめです。若干ですが配色が変わり(レトログラード針、インダイヤルの目盛りなど)、価格も約一万円ほど安くなります。

 

最後に兄弟機であるPRW-70Y-1JFとの大きさ比較画像を載せておきます。

f:id:yishu1979:20210522052751j:plain